市販薬を買って節税する!セルフメディケーション税制に必要なものと質疑応答をまとめてみた!

ども!花粉症で鼻タレラーのステーキです

鼻タレラーは花粉症の症状を抑えるために、病院行くのがめんどくさいので、薬は薬局やドラッグストアに買いに行ってます

ステーキ以外にもこういう人は多いはず、だって仕事してたら病院なんていちいち行ってらんないからね!

そんな人に

朗報!

 

なんと平成29年から

セルフメディケーション税制というものが始まりました!

このセルフメディケーション税制は薬局やドラッグストアで買う市販薬(病院でもらう薬じゃないよ!)にかかるお金を節約できる制度

市販薬ユーザーのステーキからするとありがたい制度ww

 

しかーし、そこはお国様が行う税制、簡単には節約させてくれません

制度を利用するためにはレシート集めたりなんだりとやらなきゃいけないことがあるので、事前に概要を知っておく必要があります

そして、市販薬がすべて、セルフメディケーション税制の対象というわけではなく、厚生労働省に認められたものという制限があって、平成30年3月の時点では1600種類くらいの市販薬が対象品になっています

 

 

これは絶対に利用しなきゃ!と思って厚生労働省のホームページを見てみたところ

ホームページに制度の概要や必要なもの、質疑事項が書いてあるんだけど

いろんなページに飛びすぎてわかりにくい!!

 

そこで、セルフメディケーション税制に必要なもの、厚生労働省に寄せられた質問をまとめていくよー!

※詳しく知りたい方、万全を期したい方は、厚生労働省のホームページでご確認下さい!

厚生労働省-セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

 

セルフメディケーション税制について

概要・市販薬を年間12000円以上買ったら控除するよ!

ドラッグストアなどで市販薬(OTC医薬品)を年間合計額1万2千円を超える購入をしたときは、その超える部分の金額(上限:8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する新税制のこと
要するに
病院に行かずに市販薬で健康維持てくれたら減税するぜ!!っていう制度
国として、毎年増えていく医療費を抑制したい気持ちがヒシヒシと伝わってくるね(笑)
わかりにくい人は、年末調整での生命保険とか医療保険の控除申請をイメージしてみてください
そのお薬バージョンが出たと思えばわかりやすいかと!
年間購入額については、個人での購入金額じゃなくて、家族単位で見てもオッケーなので花粉症や頭痛薬、痛み止めなどをドラッグストアで買ってる人は年間12000円は超えるんじゃな
いかな?むしろ、病院に行かずに市販薬で済ませるっていう行動を起こせば楽勝で控除のラインに入ってくるかと

目的・国民のセルフメディケーションの推進

 

セルフメディケーションっていうのはWHOで「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」と定義されていてセルフメディケーションを推進することで、国民が自分自身で健康管理や病気を予防すること&国の支出する医療費の適正化を狙っています
自分で病気や薬についての知識を深めることは大切だと思うし、個人的には大大大賛成な税制です!

控除を受けるために必要なこと3つ

控除を受けるには以下の3つが必要です

①対象品を購入した時のレシート

②健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組

③確定申告

それぞれ説明していくね!

 

①対象品を購入した時のレシート

これは確定申告のときに必要になります

生命保険の控除のときもいくら分の保険料を払ったか書いてある紙を提出すると思うけど同じような感じでオケ

 

セルフメディケーション税制対象品にはレシートに★とか●がついてるので一度確認してみて下さい

ほかの商品を一緒に買ったときのレシートでもオッケーです

 

注意点として、証明書類には

①商品名
②金額
③当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨
④販売店名
⑤購入日
が明記されていることが必要です。
これら①から⑤に関しては手書きの領収書でもオッケーです

 

②健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組

これが厄介!どんな人でもセルフメディケーション税制を利用できるわけではありません

「一定の取り組み」を行う必要があって、具体的には以下のものが該当します

 

・保険者(健康保険組合、市町村国保等)が実施する健康診査(人間ドック等)
・市町村が健康増進事業として行う健康診査(骨粗鬆症検診、生活保護受給者等を対象とする健康診査等)
・予防接種(インフルエンザワクチンの予防接種等)
・勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診)
・特定健康診査(メタボ健診など) or  特定保健指導
・市町村が実施するがん検診
※市町村が自治体の予算で住民サービスとして実施する健康診査は非対象
そして、これらの取り組みを行った証明として、インフルエンザワクチンを打ったときの領収書や健康診断の通知書を確定申告の際に提出しなければいけません
上に書いた取り組みを1つでもいいので行えば控除を受けることはできます、逆に
受けなければ控除を受けられません!
これは要チェックポイント
なので、ステーキみたいに健康診断の通知が来てすぐに捨てたり、領収書ビリビリーするのはやめましょう(笑)

 

③確定申告

毎年2月から3月にかけて行う確定申告が必要です

1年間、レシート集めたり、健康診断受けたりしてもこの確定申告をしなければすべてが水の泡

控除を受けるためにしっかりと申告しましょう!

 

サラリーマンの方は生命保険などの控除は職場でやってくれることがほとんどなので、確定申告をやったことがない人は多いかもしれません

ただ、ふるさと納税然り、確定申告をしていく機会は今後も増えるのかなと個人的には思っている

ステーキは確定申告したことあるけど、税務署のホームページ見ながらやったらなんとか終わったんで、やったことない人は経験としてやってみるのがいいと思います

難しくはありませんので!

 

セルフメディケーションQ&A

セルフメディケーション税制はいままでなかった制度なんで当然ながら疑問点がたくさんでます

そのために、厚生労働省は質疑応答集をつくってくれています

その中から、みなさんがひっかかりそうなところをピックアップしていきます

①「一定の取組」にかかった費用も、所得控除の対象となりますか?

答え なりません

あくまで、医薬品の購入費用を対象にしていて、健康診断の費用とかは控除されません

②所得控除の申請者の子どもが予防接種を受けた場合、当該予防接種は「一定の取組」に該当しますか?

答え 該当しません

子供がインフルエンザの予防接種を受けていても、申請者が「一定の取り組み」を行ったとは認められないってことです

薬の購入額は家族単位で見てもいいんだけど、これに関してはダメみたいですね

③確定申告を行う際に、「一定の取組」を行った証明書類は、原本ではなく写しでも良いか?

答え 予防接種は原本の提出が必要。写しの提出でもいいものは、健診・検診の結果通知表のみです。

④控除の対象となる額は税込みか税抜きかどちらか?

答え 税込み後の価格が控除の対象です。

⑤購入した証明書類をなくしてしまった場合はどうすればよいか?

答え 購入した薬局等でレシートの再発行する必要があります。また、対象医薬品の目印が付けられていない場合も再発行が必要です

⑥ドラッグストアで割引セールが開催されている場合の控除額は?

答え 割引後の値段が控除対象です

 

まとめ・今後は市販薬かったらレシートは絶対に取っておこう!

セルフメディケーション税制を利用するためは、レシートがないと始まらない!

健康診断や予防接種とかほかにも条件はあるものの、とにかく市販薬を買った証明書である領収書やレシートがないとどうしようもない

 

湿布や目薬とかも対象品に入ってるんで、老若男女問わず意外と対象品を購入してるんでは?

せっかく国が始めてくれた制度なんで、利用しない理由はない!

微々たる節税かもしれないけど、ちりも積もればなんとやらで

無駄なお金は払わないようにしていきましょう

 

今回はここまで!じゃね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です